製作事例集

カテゴリー: 袋戸(天・地袋)

事例NO.0198

押入襖(中袋)の製作をご依頼いただきました!

仏間用の4枚開きです。
定木縁で上品な仕上がりですね。
太鼓張りなので、縁にも紙が巻かれています。

また、裏面にも紙を張っています。(太鼓仕様)
仏様には後を見せないという意味で紙を張ることが多いようです。


<部材情報>
紙:
太鼓)株式会社東京松屋_コスモス 第1集 NO.205 春霞文様 かがやき

縁:定木縁、太鼓張り仕様

事例NO.0183

地袋の張替をご依頼いただきました!

引手も交換してあります。
ビフォーアフターでご覧ください。

張替、お待ちしております!


<部材情報>
紙:
表)ルノン株式会社_しんせん 第28集 NO.944
裏)雲華紙

事例NO.0169

地袋の製作をご依頼頂きました!

市松貼分となります。
市松貼分では主に2つの紙を使いますが、どんな色の組み合わせにするかはセンスが問われますね。
本事例はとても落ちつきのあるデザインです。
日本の伝統色「根岸色」「丁子色(チョウジイロ)」を使っていますが、名前を聞いただけではどんな色か浮かびません。
ご依頼を頂くことで覚えていくことが沢山あります。


<部材情報>
紙:
表)株式会社東京松屋_コスモス 第1集
  上:No.238 日本の伝統色 鳥の子和紙 根岸色
  下:No.211 さざなみ文様 丁子色(チョウジイロ)
裏)雲華紙

引手:株式会社ツキエス_S-362 中
縁:一楽木工株式会社_ウルミ 6分

事例NO.0156

中袋の製作をご依頼頂きました!

太鼓襖です。
高級感が漂う仕上がりです。
定木縁をつけています。

■定木縁とは
2枚の襖が突きつけ出合う(召し合わせる)ところに使用する縁です。
襖と襖の隙間を隠し、更に重厚感も演出するため高級仕様です。


<部材情報>
襖紙:株式会社大一商会_銀河 2241 雲竜紙

事例NO.0153

4枚立の袋戸(中袋)の製作をご依頼頂きました!

和室用の収納(袋戸)ですが、4枚立てはちょっとだけ珍しいです。
使用したのはクロスですが、とてもそうとは見えない色質感ですね。
土壁のような、和的で落ち着いたデザインです。


<部材情報>
ビニールクロス:
両面)ルノン株式会社_ルノンホーム 17-20 RH-4381

引手:株式会社山友商店_もみじ丸 角 チリ落とし 中
縁:一楽木工株式会社_SP 6分

事例NO.0151

太鼓張りの天袋をご注文頂きました!

本事例は太鼓張りですが切引手ではなく、引手をつけています。
襖紙は支給して頂いたものを使用しています。

◆太鼓襖とは
両面に襖紙を張り回した縁がない襖のことで、坊主襖と呼ぶこともあります。


<部材情報>
引手:株式会社ビドー_PP-77 中

事例NO.0150

太鼓貼りの袋戸(地袋)のご注文を頂きました!

◆太鼓襖とは
両面に襖紙を張り回した縁がない襖のことで、坊主襖と呼ぶこともあります。
手が掛かるほどの切り込みを入れた「切引手」が特徴です。

◆切引手とは
別名、「塵落とし」
表を切引手にすると、建具に切り込みを入れていることから反対側は切引手にできません。
表裏ともに切引手にしたい場合には高さをずらすなどします。


<部材情報>
襖紙:
表)株式会社東京松屋_新緑 40
裏)雲華紙

事例NO.0145

地袋の製作をご依頼頂きました!

▼「ツノ」について
縁を伸ばしたままにしているのは、現場で建付調整することを考えてのことです。
縁を切る(落とす)ことを「ツノ切り」と呼びます。
ツノを切ってから出荷するのかどうかはお客様の指示に従っております。


<製作情報>
襖紙:
表)ルノン株式会社_凛 第2集 NO.316 花
裏)雲華紙

引手:もみじ 角 チリ落とし 大
縁:一楽木工株式会社_SP 9分

事例NO.0095

押入、戸袋、飾り障子の製作をご依頼頂きました!

壁にある円形の障子が「飾り障子」です。
壁に穴が開いているので、反対側の部屋の明かりが入ります。
障子紙はNCでRカット(600Φ)した3mm厚のワーロンです。

<製作情報>
ビニールクロス:
押入襖・地袋ともに
部屋側)サンゲツ株式会社_「15-17 SP」_SP-9961
収納側)雲華紙

障子紙:
株式会社ワーロン_アクリワーロン_P-83 荒雲竜 3mm

框戸:
くもりガラス入り框戸
※写真では地袋の上

押縁:
素材)スプルス
ワーロンを固定するために円状に回してある細い木のこと

事例NO.0082

近年稀な高級襖の製作をご依頼頂きました!(一部張替)

お施主様のご希望で「引手」と「縁」はメーカーさんの特注品!
引手は家紋入りです。
「紙」は東京松屋様の『松苑』から。
※『松苑』は東京松屋様が創業305周年を記念して発行された超高級見本帳です。

厳重管理の下、施工まで無事に行われました。

和室自体が減った近年、今回のような高級襖の注文は大変珍しいものとなりました。
失敗したら大損害!
襖屋の腕の見せどころ....でもヒヤヒヤ。。。。(笑)

皆様からの熱いご注文をお待ちしております!


<製作情報>
間仕切_4枚立:
両面)株式会社東京松屋_「松苑」第6集_13 翠松紅梅

押入_引違い:
部屋側)株式会社東京松屋_「松苑」第6集_31 千寿
押入側)大空(のぞみ)3601

押入_天袋:
部屋側)株式会社東京松屋_「松苑」第6集_46 鳥の子色
押入側)大空(のぞみ)3601

【共通】
引手:株式会社舟橋商店の特注品
縁:株式会社大田和創の特注品(本漆黒艶消)


<リフォーム情報>
押入_両開き:
部屋側)株式会社東京松屋_「松苑」第6集_628-A 彩欄
押入側)雲華紙


>リンク
株式会社東京松屋:http://www.tokyomatsuya.co.jp/
株式会社舟橋商店:http://www.hikite.jp/
有限会社太田和創:http://ota-wasou.com/

レポートカテゴリ

  • 仏壇収納
  • 未分類
  • 社内レポート
  • 製作事例集