製作事例集

カテゴリー: 張替

事例NO.0183

地袋の張替をご依頼いただきました!

引手も交換してあります。
ビフォーアフターでご覧ください。

張替、お待ちしております!


<部材情報>
紙:
表)ルノン株式会社_しんせん 第28集 NO.944
裏)雲華紙

事例NO.0144

押入襖(板ふすま)の張替のご依頼を頂きました!

引手を再利用したいというご希望でしたので引手を取り外そうとしたところ、
少々ギリギリ感のある付け方がされていたのでワンショット。
色々な作り方があるものですね。

写真を撮り損ねてしまいましたが、
株式会社東京松屋様の「春風」 第5集 NO.302 吉野山(山水柄)に張り替えました。

事例NO.0140

源氏襖の張替をご依頼頂きました!

襖紙は柄物から無地になりました。
また、引手の交換などもさせて頂きました。

源氏襖の構造がわかるように張替中(分解中)の写真を掲載させて頂きます。


<部材情報>
襖紙:
両面)ルノン株式会社_しんせん第28集 NO.944

引手:銀チヂミ 黒

事例NO.0107

襖の張替をご依頼いただきました!

さぁ張り替えよう!と思って紙を剥がしてみたところ、
この襖が「単板ふすま」であることがわかりました。
珍しいので事例として公開させて頂きます。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
「単板ふすま」とは、
組子の上に丸太(主としてラワン材)をむいて切り取った 、
0.7mm~1.2mmのごく薄い板を貼ったふすまです。
参考:http://www.take-fusuma.co.jp/shitaji.html#02 (竹内襖材株式会社)
※ハリマ産業の襖の下地はチップボール(ボール紙の一種)です。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<リフォーム情報>
紙:ルノン株式会社_「しんせん」第27集_No.715

事例NO.0062

荒組障子(塗装障子※1)の張替をご依頼頂きました!

生成り色と緑色の市松貼分です。
難破(破れにくい)、防炎、水拭き可のワーロンシートを使用しています。

デザインのご相談も承っておりますので、是非お気軽にお問い合わせ下さい。

<リフォーム情報>
障子紙:
生なり色)株式会社ワーロン_ワーロンシート_ベーシックシリーズ _No.61 淡彩生なり
  緑色)株式会社ワーロン_ワーロンシート_日本の色シリーズ_No.134 鶸萌葱(※2)無地

※1
障子が塗装されているもの。

※2
鶸萌黄(ひわもえぎ)とは、鶸色と萌黄色の中間の色で、黄みの強い黄緑色のことです。
鶸:全身黄緑色のスズメより小さい鳥。秋になるとシベリアの方から日本に渡ってくる。

事例NO.0042

張替で運ばれてきた襖をご紹介します。

妙なゴワゴワ感がある襖でした。
上紙を剥がしてみたところ、なんと驚きの5枚重ねになっていました!

<張り重ねについて>
一般的に紙を張り重ねることが出来るのは状態が良い襖に限られます。
弱っている襖(芯)は張り重ねに耐えられません。
ただ、弱い襖に張り重ねを行うことで強い襖にするという考え方もあります。
このあたりは職人の勘とでもいいますか、経験による判断となります。

<張力調整>
襖は「表」と「裏」にそれぞれ紙を張ります。
両面の張力をほぼ均等にしなければ、「反り」や「捻じれ」が起こります。

詳しくは説明動画をご覧下さい。
オフィシャルサイトの建具一覧ページに動画をご用意しております。
http://www.harima-sangyou.co.jp/prejudice.html
(タイトル:「ハリマ産業のふすま造り」)

事例NO.0029

襖(間仕切)の下地補修をご依頼頂きました。


<下地補修・張替について>
通常は新規製作より張替の方がお値段は安くなります。
ですが、中には新規製作の方がお得になる場合もあります。

建具の破損の程度、または経年劣化による傷みが激しい場合には、無理に張り替えるよりも新規製作をオススメします。
このような建具を張り替える場合、かなり慎重な作業が求められます。
細心の注意をはらっていても、張替作業中に建具をダメしてしまう可能性(リスク)があります。

ハリマ産業では、お客様のご要望に出来る限り沿う姿勢で日々営業しております。
しかしながら、住宅用建具の専門家として、作業に伴うリスクや納品後のことを考慮したアドバイスをさせて頂く場合がございます。
お客様の意向に反して勝手に作業するようなことは一切致しません。
持ち込んで頂いた建具を見ながら、相談の上で作業内容を決めさせて頂くようにしております。

木製建具のことなら、是非!ハリマ産業にご相談下さい。

ご依頼、お待ちしております。

事例NO.0022

押入襖の「下地補修&張替」で3点ご依頼頂きました。
引手、縁はそのまま利用しています。

<下地補修・張替について>
通常は新規製作より張替の方がお値段はお安くなりますが、中には新規製作の方がお得になる場合があります。
建具の破損の程度、または経年劣化による傷みが激しい場合です。
この場合には無理に張り替える方が時間も手間も掛かります。

まずはお持ち込み頂き、相談の上で作業内容を決めさせて頂くようにしております。

※合意内容遵守のお約束
当社では、お客様の意向に反して勝手に作業するようなことは一切致しません。

<リフォーム情報>
紙: 
表)(有)浅井商会_「新潮」第7集_NO.325
裏) 雲華紙

レポートカテゴリ

  • 仏壇収納
  • 未分類
  • 社内レポート
  • 製作事例集