製作事例集

カテゴリー: オリジナル

事例NO.0146

特注の丸抜き障子となります!

窓と障子の間に円状にくり抜いた引戸を挟むことで、外からの光が丸く浮かぶようにできます。
壁や窓を丸くすると大掛かりな工事になってしまいます。
そこで本事例のような工夫に至っております。

事例NO.0126にも類似の事例がございますので、是非ご覧下さい。


<部材情報>
障子紙:株式会社ワーロン_強化障子紙タフトップ NA-52 無地
ビニールクロス:株式会社サンゲツ_エクセレクト 18-20 SGA424

事例NO.0126

特注の丸抜き障子となります。

壁と窓を丸くするのは大変な手間が掛かり、工事になってしまいます。
そこで、窓と障子の間に引戸を挟む工夫をしました。
引戸に半円形のカット加工をします。
半円を合わせると丸い窓のようになり、この部分にだけ光が入ります。
障子を閉めると写真のように丸い光が浮かび上がります。

お客様のご要望に出来る限りお応えしたいと思っております。
お声掛け頂けますと幸いです。

宜しくお願い致します。

事例NO.0104

ちょっと変わった障子をご紹介します。
正式な名称はないのですが、桝組障子と猫間障子の足して割ったようなスタイルです。
見た目は4本に見えますが、2本です。
下半分が上下にスライドし、ガラスの向こう側が見えるようになっています。

お部屋に合うように、または住人の生活勝手に合うように、
ハリマ産業では出来る限りのご要望にお応えしております。

障子には色々なスタイルがあり、迷われることも多いと思います。
枠の寸法、お部屋の向き、お部屋の用途によって「ベターな提案」というのが一応ございます。
絶対ではありませんのでお客様の好みを最優先にし、より良い形をお伝えしております。
当社HPの建具一覧ページに、よくある「障子のラインナップ」がありますので、
デザインについてはご参考にされて下さい。
ページにない障子も承っておりますので、お気軽にご相談下さい。
※名称等、不明でもOK

皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

レポートカテゴリ

  • 仏壇収納
  • 未分類
  • 社内レポート
  • 製作事例集