製作事例集

「袋戸(天・地袋)」の絞り込み結果

事例NO.0181

    

天袋の製作をご依頼頂きました!

太鼓襖になります。

◆太鼓襖とは
両面に襖紙を張り回した縁がない襖のことで、坊主襖と呼ぶこともあります。


<部材情報>
紙:
表)ルノン株式会社_山水 第23集 NO.422
裏)雲華紙

引手:株式会社ビドー_PP-78 ウルミ

事例NO.0169

    

地袋の製作をご依頼頂きました!

市松貼分となります。
市松貼分では主に2つの紙を使いますが、どんな色の組み合わせにするかはセンスが問われますね。
本事例はとても落ちつきのあるデザインです。
日本の伝統色「根岸色」「丁子色(チョウジイロ)」を使っていますが、名前を聞いただけではどんな色か浮かびません。
ご依頼を頂くことで覚えていくことが沢山あります。


<部材情報>
紙:
表)株式会社東京松屋_コスモス 第1集
  上:No.238 日本の伝統色 鳥の子和紙 根岸色
  下:No.211 さざなみ文様 丁子色(チョウジイロ)
裏)雲華紙

引手:株式会社ツキエス_S-362 中
縁:一楽木工株式会社_ウルミ 6分

事例NO.0145

    

地袋の製作をご依頼頂きました!

▼「ツノ」について
縁を伸ばしたままにしているのは、現場で建付調整することを考えてのことです。
縁を切る(落とす)ことを「ツノ切り」と呼びます。
ツノを切ってから出荷するのかどうかはお客様の指示に従っております。


<製作情報>
襖紙:
表)ルノン株式会社_凛 第2集 NO.316 花
裏)雲華紙

引手:もみじ 角 チリ落とし 大
縁:一楽木工株式会社_SP 9分

事例NO.0082

    

近年稀な高級襖の製作をご依頼頂きました!(一部張替)

お施主様のご希望で「引手」と「縁」はメーカーさんの特注品!
引手は家紋入りです。
「紙」は東京松屋様の『松苑』から。
※『松苑』は東京松屋様が創業305周年を記念して発行された超高級見本帳です。

厳重管理の下、施工まで無事に行われました。

和室自体が減った近年、今回のような高級襖の注文は大変珍しいものとなりました。
失敗したら大損害!
襖屋の腕の見せどころ....でもヒヤヒヤ。。。。(笑)

皆様からの熱いご注文をお待ちしております!


<製作情報>
間仕切_4枚立:
両面)株式会社東京松屋_「松苑」第6集_13 翠松紅梅

押入_引違い:
部屋側)株式会社東京松屋_「松苑」第6集_31 千寿
押入側)大空(のぞみ)3601

押入_天袋:
部屋側)株式会社東京松屋_「松苑」第6集_46 鳥の子色
押入側)大空(のぞみ)3601

【共通】
引手:株式会社舟橋商店の特注品
縁:株式会社大田和創の特注品(本漆黒艶消)


<リフォーム情報>
押入_両開き:
部屋側)株式会社東京松屋_「松苑」第6集_628-A 彩欄
押入側)雲華紙


>リンク
株式会社東京松屋:http://www.tokyomatsuya.co.jp/
株式会社舟橋商店:http://www.hikite.jp/
有限会社太田和創:http://ota-wasou.com/

事例NO.0081

    

両開きタイプの天袋の製作をご依頼頂きました!

「くり定木縁」という特殊な縁を使用しております。
定木縁とは、2枚の襖が突き付け出合う(召し合わせる)ところに使用する縁です。
襖と襖の隙間を隠し、更に重厚感も演出するため高級仕様です。
1本の木からこの複雑な形を削り出すタイプと、定木部と通常縁部を別個につくって接着するタイプとあります。
今回の事例では前者。縁屋さんの手の込んだお仕事です。

また、取手は現場で取り付けています。
養生しても取手の部分は出っ張るため、配送中に他の建具を傷付ける可能性があります。

<製作情報>
ビニールクロス:
和室側)株式会社サンゲツ_「16-18 リザーブ 1000」_RE2657
押入側)雲華紙

レポートカテゴリ

  • 仏壇収納
  • 未分類
  • 社内レポート
  • 製作事例集